エヴァンゲリヲン 魂を繋ぐもの 差枚数からコイン持ちを調べる

今回のエヴァはビッグが402の一種類なので
差枚数が分かればコイン持ちの計算が簡単です。
(天井RTに入ってないのが条件ですよ)

たとえば
9000GでBB25R25で差枚+2000の時

402*25+104*30=12650
ここに差枚を引いて10650

この10650枚で9000Gを回した事が分かります。

これを50で割ると213で、さらに9000から割ると

42.2535211となります。

これが千円で平均的に回すことが出来たG数です。

 

同じ条件で差枚が4000なら
12650-4000=8650
8650/50=173
9000/173=52

千円で52.0231214G回ったことになります。

詳しい小役確率は分かりませんがはっきり
差枚数からコイン持ちを計算する事が出来ます。

今回のエヴァはSBしかないのでビッグの引きで
勝ち額が大きく変動してしまいますが、今まで
通り小役が大事だということが分かりますね。

差枚数がリアルタイムで分かるホールでは
打つ前にコイン持ちをちゃんと計算して打つ事を
お勧めします。

分からないホールでは打たないが定石です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.